FC2ブログ

2月はイベントがたくさん

今年の節分には萌奈の「鬼コス」をしませんでしたが、バレンタインデーにはチョコレートをくれるポーズを撮りました。

萌奈「チョコレートどうぞっ💛」
IMG_59-01.jpg

この「どうぞっ」ポーズは女の子が見上げる視線なので、めったにやらないハイポジション・ハイアングルです。近くに寄ると頭でっかちになってしまうのがいやなので、いつもより離れて部屋の端の高い位置にカメラを上げて焦点距離41mm(キャノンAPS-Cなので35mm判換算で66mm)で撮りました。

そしていつもの様にローアングルからも撮りましたが、これだとちょっと偉そうな感じですね(;^_^)。

萌奈「チョコあげる♪【やんよ】」
IMG_59-02.jpg

GIFアニメも作りました。
IMG_59-03-GIF.gif

今回CLIP STUDIO PAINTの出力オプションで、ディザリングを適用したら色のちらつきがなくなりました。

もう一つのイベントは、2/10(日)に幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバル2019[冬] に行って来ました。世界最大のフィギュア・模型造形物イベントです。去年に比べてドール(1/3サイズ)が少なくなった感じでしたが、等身大のフィギュアなどが幾つかあったので紹介します。

会場の幕張メッセ
IMG_59-04.jpg

「マジカルミライ 2018」初音ミク等身大フィギュア
IMG_59-05.jpg

「SSSS.GRIDMAN」宝多六花、新条アカネ等身大フィギュア
IMG_59-06.jpg

「マクロスF」シェリル・ノーム、ランカ・リー等身大フィギュア
IMG_59-07.jpg

アゾンインターナショナル「ご注文はうさぎですか??」マヤ、チノ、メグ(45cmの1/3ドール)
IMG_59-08.jpg

等身大フィギュアが増えたのは3Dプリンターが普及したからでしょうか。2年前は「リゼロ」レムの等身大フィギュアが160万円で驚きましたが、これから販売されるのは幾らぐらいになるのでしょうか? キャラクターや造形などラブドールとは単純に比較できませんが、この値段では等身大フィギュアにはちょっと手がとどかないですねぇ~・・・。

成人向けゾーンも見たのですが、去年に比べて1/3ドールの素体やパーツ(Hできるやつ)が減った感じです。低価格の中華ラブドールの影響を受けているのでしょうか? 今年はそれらの写真を撮らなかったので、興味ある方は去年の記事「ワンフェス2018[冬]に行ってきた」をご覧下さい。

そして、あみあみのブースに写真撮影用の「お立ち台」があったので、背景用に撮影して萌奈を合成で立たせました。髪の毛は今回初めて左右同時にアクションをつけて、ツインテ風にしてみました。

萌奈「会場ではローアングル撮影しちゃだめですよぉ~ (;^_^)。」
IMG_59-09.jpg
(あみこのTwitter「コスプレイヤーの皆様のためにお立ち台を用意してマス!」)

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2019.02.17 | | コメント(10) | イベント

冬のコートコーデ

ガールズ130cmのチェスターコートを買いました。いつもは身長よりワンサイズ小さい服にしているのですが、コートは下にセーターなどを着るので身長と同サイズにしたらぴったりでした。ウールの生地で暖かく、触り心地がとってもいいです(^_^)。ボディーラインを出すのが難しいですが、ウエスト部分を細くするといい感じになります。

萌奈「これなら風が吹いてもめくれないから安心ですぅ~(^_^)。」
IMG_58-01.jpg
(ガールズ用でもボタンが右側に付いているデザインらしい。)

コートの上から「ムギュッ」っとすると気持ちいいのですが、アクションを付けて写真を撮るには、やっぱりスカートが見えた方がいいですねぇ~。街でコートを着た女の子が、寒風が吹いていても前を開けて歩いていることがありますが、あれは中に着ているファッションを見せたいのでしょう・・・。そこで萌奈をコートとミニスカのコーディネートで冬景色の中に立たせてみました。

萌奈「これじゃあコートを着ている意味がありましぇ~ん(>_<)。」
IMG_58-02.jpg
(背景は代々木公園で1月下旬に撮影。)

GIFアニメも作りました。この日は風が強くて落ち葉が舞っていたので、その背景に合成してみました。
IMG_58-03-GIF.gif

以下メイキングです。

セーターの下はこうなっています。スカートはスエードのプリーツでレディースSサイズです。ミニにするために胸の下まで上げて洗濯ばさみで止めてあります。裾にはワイヤーを仕込んで、プリーツに合わせて折ってあります。セーターを着ても胸のラインが出る様に、ブラはボディーの胸より上の方に着けています。
IMG_58-04.jpg

コートの裾は重くてワイヤーでは広がらないので、ナイロンテグスで吊っています。広げた時に後ろになって見えなくなる部分に糸で縫い付けて、ヘアピンに引っ掛けてそれを壁に貼ります。試し撮りでは近くに貼ってありますが、本番撮影ではテグスを伸ばして見えない所に貼ります。
IMG_58-05.jpg

本番撮影では背景布を用意して、オフカメラストロボを使って明るくします。今回は正面から照らさずに、顔の斜め前の位置から天井で反射させて部屋全体を明るくしてみました。前回はストロボを直接当てて背景布に影ができてしまったのですが、天井反射だと影が出来ずに髪の毛の切り抜きが楽になります。髪の毛のアクションはシャッターを2秒タイマーにして、セットしたら直ぐに髪の毛を投げ上げて撮影しています。コートの裾から左右の斜め上に光るラインが見えるのが、裾を吊っているナイロンテグスです。
IMG_58-06.jpg

(f4.5 1/200秒 ISO-200 露出補正+1で撮影)

ベレー帽をかぶせ、コートの後ろの裾も吊って微調整して撮ったのが、背景を合成した写真です。

今回は背景との合成が自然に見える様に、影を付けてみました。CLIP STUDIO PAINTで人物の形を変形してからグレーにする方法を使っています。
IMG_58-07.jpg

GIFアニメ用の画像はアクションが大きい順に撮影します。ワイヤーやテグスはだんだん緩めた方が、動きの連続性が自然に見えることが分かりました。背景合成に使ったスカートが大きくめくれた位置がこのくらいです。
IMG_58-08.jpg

スカートの裾に仕込んだワイヤーをプリーツに沿って折り、コートの裾を吊っているテグスを壁に貼り付けた位置を少し下げるとこのくらいになります。
IMG_58-09.jpg

さらに下げます。まだちょっとパンチラが見えます。
IMG_58-10.jpg

もっと下げてパンチラが見えなくなります。
IMG_58-11.jpg

コートの裾が微風でちょっと翻るくらいがこんな感じですね。
IMG_58-12.jpg

髪の毛はスカートが広がっている時が一番なびいているのでしょうが、スカートに合わせてその瞬間を捉えるのは難しいので、撮れた位置をそのまま使っています。GIFアニメで動かすと、髪の毛のなびき具合は順番になっていなくても大丈夫です。

でもコートの前を開けて風に吹かれているとやっぱり寒そうですね・・・。公園には紅白の梅が咲いていて少し暖かそうな景色があったので、その背景にも合成してみました。

萌奈「それでもコートとミニスカのコーディネートは寒いんですけどぉ~(;^_^)。」
IMG_58-13.jpg

2019.02.11 | | コメント(13) | 造形・ポーズ

髪の毛のアクション

最近CGを使った写真が多かったので、今回は加工無しで髪が風になびくシーンを撮ってみました。

萌奈「本当の立ち姿は久しぶりですぅ~・・・って、いきなりパンチラいやぁ~んっ(>_<)。」
IMG_57-01.jpg
(f4.5 1/200秒 ISO-200で撮影)

髪だけなびくのは不自然なので、スカートは裾に仕込んだワイヤーで広げあります。この冬に買ったウールの厚手の生地で、レディースSサイズです。柔らかく暖かいので触り心地がいいのですが、結構重いのでこれ以上広げるにはナイロンテグスで吊る必要があります。あっ、インナーが付いていたのでもちろん外しました(;^_^)。

撮影方法は去年3月の記事「春一番」で最初にやったものと同じですが、今回は髪の毛が鮮明に写る様にしてみました。カメラはローアングルで撮るためにひざの高さで、ストロボを三脚に乗せて顔の高さで正面から当てています。

シャッターを2秒タイマーにして、セットしたら直ぐに髪の毛を投げ上げます。タイミングが早いと、落ちてしまいます。
IMG_57-02.jpg

逆に遅いと、髪の毛を持っている自分の手が写ってしまいます。
IMG_57-03.jpg

今まで髪の毛のアクションはこの方法の他に、ナイロンテグスに引っ掛けたりクッションの上に置いたりもしてみました。小さな動きはそれらの方法でも自然な感じにできるのですが、アニメやフィギュアの様にロングヘアーを大胆になびかせるには、実際に動いている瞬間を捉えるのが一番みたいです。

うまく撮れたショットを6枚使って、GIFアニメも作りました。切り抜き無しで全画面をアニメーションにしています。切り抜きの手間はかからないのですが、撮影時の明るさの変化による背景のちらつきが目立ちます。
IMG_57-04-GIF.gif

(今回スカートは動かしていない)

撮った画像を景色と合成する時には、ストロボを直接当てると背景布に影ができてしまうので、その部分をきれいに切り抜くにはかなり手間がかかります(いつも使っているCLIP STUDIO PAINTでは明るい部分を透明化している)。撮影時に背景布との距離を広げて影が薄くなる様にすればいいのでしょうが、そうすると後ろに寄りかかることができなくなるので、立たせる工夫が必要になります。そして部屋が狭いと撮影距離が十分に取れず、全身が写りません。ストロボを天井に反射させて部屋全体を明るくすると、影は消えるのですが髪の毛が光らないのでちょっと残念な感じになってしまいます・・・。なびく髪が綺麗に見えて切り抜きも楽にできる方法を考えて、うまく撮れたらまたメイキングを書きたいと思います(^_^)。

それでも今回も試しに一枚切り抜いて合成してみました。
IMG_57-05.jpg
(背景は神田明神)

背景が複雑なら目立ちませんが、影だった部分が薄く残っています(シャロと千夜の顔のあたり)。そして問題なのは髪の毛の影だけでなく、スカートの中が暗くなってしまったことです! ここはレフ板とかを使って、明るくした方がいいですね(;^_^)。

萌奈「スカートの中が明るい方が不自然ですよぉ~(>_<)。」

2019.01.31 | | コメント(14) | 造形・ポーズ

雪の妖精

お正月なので萌奈に和風の衣装を着せて、雪の妖精にしてみました。

萌奈「お正月って、もうとっくに松の内も成人の日も過ぎてますよぉ~(;^_^)。それにこの衣装だと、妖精じゃなくて妖怪雪女じゃないですかぁ~(>_<)。」
IMG_56-01.jpg

妖精でも妖怪でも、雪の森でスカートがめくれるシーンを作りたかったのです・・・。そして和服では下着を着けないのでめくれるとこうなります(;^_^)。 

萌奈「そんなの嘘ですよぉ~! スカートは和服じゃないしぃ~・・・(>_<)。」
IMG_56-02.jpg

GIFアニメも作りました。

萌奈「吹雪でもこんなにめくれましぇ~ん(>_<)。」
IMG_56-03-GIF.gif

以下メイキングです。

衣装は去年のお正月と同じなので着せ方は去年の記事「お正月は着物ドレス」もご覧下さい。

萌奈の造形では胸の位置が帯に隠れてしまうので、ブラはボディーの胸より上の方に着けています。そして今回もローアングルでの撮影なので、胸の位置は高い方が上半身の見栄えが良くなります。スカートはピンクのプリーツでレディースSサイズです。ミニにするために胸まで上げています。裾にはワイヤーを仕込んで、プリーツに合わせて折ってあります。
IMG_56-04.jpg

上着は和風デザインの子供用バスローブです。そのまま着るとひざまでの長さがあるので、それをスカートの裾が見える長さに調整しました。
IMG_56-05.jpg
(スニーカーを履いているのは、自立を安定させるため。)

帯を締めてスカートの裾を広げます。
IMG_56-06.jpg

ポージングはいつもの様に寝かせて形を作ります。両脚の股関節を前に曲げてから内股にします。腰を反らせてから上体を捻って、右手は前に左手は後ろへ動かします。
IMG_56-07.jpg

床からお姫様抱っこしてコンテナの上に乗せます。左肩をコンテナの上からずらして少し落とし、背中に発泡スチロールの小片を支えに入れて右肩を上げます。スカートはワイヤーで広げて、髪の毛をクッションの上に置いて風になびく感じを出します。
IMG_56-08.jpg

CGは CLIP STUDIO PAINTを使っています。撮影する時に髪の毛の背景は白系で、服の部分は青系にすると切り抜きが楽です。
IMG_56-09.jpg

背景は幻想的な雪の森の景色でフリー素材を探したのですが、利用規約にR18は禁止事項になっていたので使う事ができませんでした。そこで、自分で撮った森の写真をCG加工してみました。この写真は夏休みに旅行で行った世界遺産の社寺の森です。(去年8月の記事「夏の浴衣少女」参照。)
IMG_56-10.jpg

この写真を冬景色に加工しました。
IMG_56-11.jpg

加工方法はPhotoshopのチュートリアルに、夏の風景を冬景色にする方法とか雪を降らせる方法とかがあったので、それを見て同じ事をCLIP STUDIO PAINTでやってみました。具体的な方法はそこで解説されているので書きませんが、この写真のレイヤー設定はこんな感じです。
IMG_56-12-2.jpg
(レイヤーの不透明度を変えると、もっと白銀の世界にもできます。)

妖精の雰囲気を出すには背景が重要なので、R18で使用可能な幻想的な写真があるといいですねぇ~。今回は妖精の翅は生えていないけれど、これを「妖精シリーズ」の第4作目にしたいと思います。

萌奈「妖怪シリーズはいやですよぉ~(;^_^)。」

今までの「妖精シリーズ」もよろしければご覧下さい。それぞれにメイキングを書いていますので、ポーズや撮影の参考にしてもらえると嬉しいです。

バイストン・ウェルの妖精」2018.05.27

空に舞う妖精」2018.06.30

森に浮く妖精」2018.07.21


2019.01.20 | | コメント(12) | 妖精

AXB 65cmドールの破損とショップの対応【合体編】

この記事は「AXB 65cmドールの破損とショップの対応」の第3編です。「ボディー編」と「ヘッド編」を未だ読んでいない方は、前の記事からお読みください。



【合体編】

「新しい頭」の出荷連絡を待つこと5日、そろそろ日本に着く頃だろうと思っていたら、佐川急便から配達予定案内のメールが来た。メールは夜遅い時間にあり、私がメールを確認したのは翌日の朝。そしてメールに書かれている配達予定日はその日になっていた! その日は受け取りができなかったので、直ぐに佐川に連絡して配達日時の変更を依頼。そしてショップにこのことを伝えると、ようやくトラッキングナンバーの連絡が来た。
IMG_55-01.jpg

佐川のトラッキングナンバーが分かるのが配達前日では遅いので、やはり中国から輸出される時点でスケジュールを確認する必要がある。工場への手配から5日ぐらいで日本に到着してしまうので、しつこくても3日目ぐらいには問い合わせるべきだった・・・。

そして配達日時を変更した通りに、ヘッドが到着した。今回の国際便はDHLだ。通関で袋が開けられて、貼りなおした形跡がある。
IMG_55-02.jpg

袋から出すと・・・。使われていたのは電球の箱! 押されてあちこち凹んでいる。交換品の発送はこの程度の扱いなのかぁ~。
IMG_55-03.jpg

ヘッドを取り出すと、傷はないがゴミが付いて汚れている。
IMG_55-04.jpg

そして先に送られて来たボディーと合体してみると・・・。色が違う!
IMG_55-05.jpg

最初に買ったドールと並べてみると・・・。交換品のボディーだけ色が違うのだ。
IMG_55-06.jpg

これら3枚の写真を送ってまたショップにクレームを出す。もうこちらからはどうして欲しいとは言わずに、ショップがどういう対応をするかを見ることにした。
IMG_55-07.jpg

今までの問い合わせでは直ぐに回答が返って来たが、これに対する回答には時間が掛った。それでも土曜日にも関わらず、その日の内に回答があった。そして内容は、色の違いは生産ロットによると言う説明と、返金処理をしたので商品を返品して新しい商品を注文してくれというものだった。

おぉ~、そういう対応を取るのか・・・。それが一番コストが掛からないだろうと納得するも、最初に買ったドールは壊れても大事にしているので返したくなく、しばらく考えることにした。そして具体的なプロセスも良く分からなかったので、翌日詳細を問い合わせてみることにした。
IMG_55-08.jpg

これに対するショップからの回答は、1. 返金処理はショップが実施した。2. 返品は日本のG-Aisling宛(物流会社が代行しているらしい)。3. 最初のドールは返さなくていい。4. 新しい商品はこれで間違いない。・・・と言う内容だった。そしてしばらくすると、Amazonから返金処理が完了したとのメールが入った。

このショップの動きとAmazonのシステムは、実に対応が早い。そして私はドールを返さずに返金されて、交換品は新規のPrime商品になると言うショップからの提案を受け入れることにした。そうするとやらなければならないのは、ヘッドとボディーの返品と、新規の注文だ。

ドールが入っていた箱は捨ててしまったので、梱包は最近Amazonで買った商品に使われていた段ボールを利用。ショップの梱包よりしっかりとパッキングする。ヘッドを脚の間に挟む、スタンダードな入れ方だ。
IMG_55-09.jpg

発送は佐川急便に依頼。輸送費は新規のオーダーに返金してくれることになっているので、送付伝票控えの写真をショップにメールする。

次に新しいドールを注文する。前回は宅配テロにあったので、その対策として考えたギフトラッピングを指定。自分へのクリスマスプレゼントだ(^_^)。
IMG_55-10.jpg

そして配送指定日にAmazonの箱で新しいドールが届いた。貼ってあるのは宛先ラベルと「取扱注意」と書かれたピンクのシールのみ。宅配テロ対策のギフトラッピング作戦は成功だ! 箱のサイズは90cm x 38cm x 32cm。
IMG_55-11.jpg

箱から出すと、指定した通りピンクのギフトラッピングになっていた。
IMG_55-12.jpg

袋を開けると出てきた中国から輸入されたパッケージは、汚れや凹みは問題なかったが、やはり「ベビードール(ばくにゅう)」のラベルが貼ってあった。箱のサイズは70cm x 28cm x 20cmで、最初のドールより細長い箱に入って来た。
IMG_55-13.jpg

梱包を開け上部のクッションを外すと、ドールは毛布にくるまれ上にはウィッグと付属品が乗っている。
IMG_55-14.jpg

毛布をはがすとドールは真っ直ぐに入っている。最初のドールは短い箱に斜めに入れられていたが、やはりこの梱包方法の方がいい。できれば服は着せずに付属品として入れて欲しい。
IMG_55-15.jpg

ドールを箱から取り出して、傷や汚れをチェック。造形は最初のドールと同じでAXB Dollの正規品だ(うさぎの毛布がトレードマーク?)。一か所小さな黒い汚れ(金属の錆か油と思われる)があったが、洗えば落ちるだろう。
IMG_55-16.jpg

最初のドールと並べてみると、少しだけ色が違う。生産ロットで違いが出るなら、ヘッドだけの購入はしない方が良さそうだ(Amazonではヘッドだけは売っていない)。
IMG_55-17.jpg
(下が新しいドール)

その後、輸送費の返金処理が完了したとのメールがAmazonから来た。これで今回の破損に対するショップの対応は完了した。結果的に同じドールが2体になったが、「交換品」は保管し、最初のドールだけを使用して、しばらく様子を見ることにしよう・・・。



「合体編」は以上です。

今回AXB Dollの製品は、破損しやすかったり生産ロットで色の違いがあるなど十分な品質とは言えませんが、ドールの造形と価格を考えると許容できる範囲だと思います。AXB Dollは主に140cm以下の小型ドールを製造するメーカーなので、私は結構お気に入りです。そして今回利用したAmazonのショップG-Aislingの対応は、最初のクレームから約1か月と送付したメールは十数通にもなりましたが、私は高く評価したいと思います。購入前の質問への回答の時から対応は早く、問題が発生する度に直ぐ次の手を打ってくると言うのは、直接行けないネットショップではとても重要な事です。機械翻訳された日本語はちょっと怪しかったけれど、意思疎通は問題ないレベルでした。そして夜間休日まで対応してくれるカスタマーサポートは、顧客満足度を高めていると思います。こんなやり取りは面倒くさいから嫌だと言う人にはお勧めしませんが、私はAmazonでのG-Aislingの評価を5つ星にしました。
IMG_55-18.jpg
(Remia7はレミアーナの事)

お迎えしたドールは未だ名前を付けていないし、ポージングした写真も撮っていません。これからゆっくり考えます(^_^)。長いレポートを読んでいただいて、ありがとうございました。

2018.12.30 | | コメント(8) | お迎え

«  | ホーム |  »

プロフィール

レミアーナ

Author:レミアーナ
フィギュアやDollfie Dreamを経て、ラブドールの世界に迷い込みました。TPEドールの情報はネット上にまだ少ないので、この世界に憧れる人に貢献したいと思います。

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR