FC2ブログ

雪の妖精

お正月なので萌奈に和風の衣装を着せて、雪の妖精にしてみました。

萌奈「お正月って、もうとっくに松の内も成人の日も過ぎてますよぉ~(;^_^)。それにこの衣装だと、妖精じゃなくて妖怪雪女じゃないですかぁ~(>_<)。」
IMG_56-01.jpg

妖精でも妖怪でも、雪の森でスカートがめくれるシーンを作りたかったのです・・・。そして和服では下着を着けないのでめくれるとこうなります(;^_^)。 

萌奈「そんなの嘘ですよぉ~! スカートは和服じゃないしぃ~・・・(>_<)。」
IMG_56-02.jpg

GIFアニメも作りました。

萌奈「吹雪でもこんなにめくれましぇ~ん(>_<)。」
IMG_56-03-GIF.gif

以下メイキングです。

衣装は去年のお正月と同じなので着せ方は去年の記事「お正月は着物ドレス」もご覧下さい。

萌奈の造形では胸の位置が帯に隠れてしまうので、ブラはボディーの胸より上の方に着けています。そして今回もローアングルでの撮影なので、胸の位置は高い方が上半身の見栄えが良くなります。スカートはピンクのプリーツでレディースSサイズです。ミニにするために胸まで上げています。裾にはワイヤーを仕込んで、プリーツに合わせて折ってあります。
IMG_56-04.jpg

上着は和風デザインの子供用バスローブです。そのまま着るとひざまでの長さがあるので、それをスカートの裾が見える長さに調整しました。
IMG_56-05.jpg
(スニーカーを履いているのは、自立を安定させるため。)

帯を締めてスカートの裾を広げます。
IMG_56-06.jpg

ポージングはいつもの様に寝かせて形を作ります。両脚の股関節を前に曲げてから内股にします。腰を反らせてから上体を捻って、右手は前に左手は後ろへ動かします。
IMG_56-07.jpg

床からお姫様抱っこしてコンテナの上に乗せます。左肩をコンテナの上からずらして少し落とし、背中に発泡スチロールの小片を支えに入れて右肩を上げます。スカートはワイヤーで広げて、髪の毛をクッションの上に置いて風になびく感じを出します。
IMG_56-08.jpg

CGは CLIP STUDIO PAINTを使っています。撮影する時に髪の毛の背景は白系で、服の部分は青系にすると切り抜きが楽です。
IMG_56-09.jpg

背景は幻想的な雪の森の景色でフリー素材を探したのですが、利用規約にR18は禁止事項になっていたので使う事ができませんでした。そこで、自分で撮った森の写真をCG加工してみました。この写真は夏休みに旅行で行った世界遺産の社寺の森です。(去年8月の記事「夏の浴衣少女」参照。)
IMG_56-10.jpg

この写真を冬景色に加工しました。
IMG_56-11.jpg

加工方法はPhotoshopのチュートリアルに、夏の風景を冬景色にする方法とか雪を降らせる方法とかがあったので、それを見て同じ事をCLIP STUDIO PAINTでやってみました。具体的な方法はそこで解説されているので書きませんが、この写真のレイヤー設定はこんな感じです。
IMG_56-12-2.jpg
(レイヤーの不透明度を変えると、もっと白銀の世界にもできます。)

妖精の雰囲気を出すには背景が重要なので、R18で使用可能な幻想的な写真があるといいですねぇ~。今回は妖精の翅は生えていないけれど、これを「妖精シリーズ」の第4作目にしたいと思います。

萌奈「妖怪シリーズはいやですよぉ~(;^_^)。」

今までの「妖精シリーズ」もよろしければご覧下さい。それぞれにメイキングを書いていますので、ポーズや撮影の参考にしてもらえると嬉しいです。

バイストン・ウェルの妖精」2018.05.27

空に舞う妖精」2018.06.30

森に浮く妖精」2018.07.21


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2019.01.20 | | コメント(12) | 妖精

森に浮く妖精

最近の萌奈は全裸ばかりだったので、レオタードを着せました。チャムが着ているようなハイレグはキッズには無かったので、バレエ用の110cmです。
萌奈「妖精だってちゃんと服を着まぁ〜すっ(^_^)。」
IMG_38-01-2

前作「空に舞う妖精」では、上空を飛んでいるところを上から見たショットでしたが、これは森の中を浮遊する萌奈を下から見たイメージです。

そして少し向きを変えてみました。
萌奈「全裸じゃなくなったと思ったら、またパンチラですかぁ〜(>_<)。」
IMG_38-02-2.jpg
(パンツではなくレオタード)

以下メイキングです。

両方の股関節を骨折してからは、立ち姿の撮影が難しくなりました。さらにこのポーズは足首を伸ばしているので、立たせることができません。そこで寝かせた状態で撮りました。しかし床の上に寝かせると、手や髪の毛を背中よりも後ろへ持っていくことができないので、台の上に乗せてみました。使ったのはコンテナボックスで、中には非常食の缶詰が入っています。重いので上に20kgのドールを乗せても簡単に動いたり倒れたりしません。髪の毛の位置には、いつもポージングに使っているクッションを置きます。
IMG_38-03.jpg
(上に乗っているタオルは腰に当てて向きを調節するため。)

そして上に背景布を掛けます。いつもの背景はクリーム色ですが、今回はヘッドの部分には明るいグレー、ボディーには濃い青を使いました。これで髪の毛もボディーも、背景との色の差を大きくすることができます。
IMG_38-04.jpg

その上にドールを乗せてポーズを作ります。肌の後ろが青い背景になるように、布の位置を調整します。
IMG_38-05.jpg
(肩の部分はこのカメラアングルだと、青い布がずれてしまった・・・。)

髪の毛とボディーを CLIP STUDIO PAINTで切り抜きます。境界がはっきりしていると、切り抜きが楽です。
IMG_38-06.jpg

翅は前に作成したCGを、ポーズに合わせて変形して合成しました。
IMG_38-07.jpg

背景は「Terragen」で木の3DCGを作りたかったのですが、未だうまく使えないので写真にしました。自分で撮影したもみじの木です。
IMG_38-08.jpg

そして萌奈と背景を合成したのが最初の写真です。萌奈の向きに合わせて、背景の使う部分を変えています。

さらに、もっと高い位置を飛ぶ姿を下から眺めると、こうなります。背景は木の一番上の部分です。
萌奈「もぉ〜! 下から覗くの好きなんだからぁ〜(^_^)。」
IMG_38-09-2.jpg

台の上に乗せることで髪の毛の立体感は出せるのですが、もっと自然に見える様にさらに工夫したいと思います。それとお尻の下にあるスカートの広がり具合も・・・。
萌奈「もぉ~、そこは本当に研究熱心ですねぇ~(^_^)。」

2018.07.21 | | コメント(12) | 妖精

空に舞う妖精

バイストン・ウェル上空へ舞い上がる妖精をイメージしたポーズです。
萌奈「いっくよぉ~・・・って、戦闘服はどうしたのよぉ~(>_<)。」
IMG_36-01.jpg
(全裸ではなく、バレエシューズを履いている・・・。)

前作「バイストン・ウェルの妖精」では、空中に浮くポーズはボディーを吊って撮影しました。今回も飛んでいるのですが、吊っているのではなく床に置いたままで撮る方法を試してみました。両足を骨折していると、立ちポーズを作るのが大変です。股関節を修理してまた元気に立てるようにしたいと思っています。

以下メイキングです。

最初にうつ伏せに寝かせて、ひざを曲げたポーズを作ります。
IMG_36-02.jpg
(顔の傷や汚れ防止のため、ヘッドは外してある。)

腰の曲げやひねりをつけて、ひざ立ちにします。
IMG_36-03.jpg

ヘッドとウィッグを付けて視線を調整します。
IMG_36-04.jpg

そしてカメラを斜めにして、フレームを真直ぐにして見た時に浮いた感じになるように撮影します。
IMG_36-05.jpg

髪の毛のアクションは、投げ上げてふわりとなった瞬間を狙います。
IMG_36-06.jpg
(右上にあるのは手袋をした自分の手。)

髪の毛とボディーを CLIP STUDIO PAINTで切り抜きます。
IMG_36-07.jpg

翅は前に作成したCGを、ポーズに合わせて変形して合成しました。
IMG_36-08.jpg
(妖精のハネは昆虫のように透き通っているイメージなので、「翅」と書くことにしました。)

今回の背景は、「Terragen」という景観3DCGソフトで作成しました。このソフトは大地や海が簡単に作れて、3Dなので見る方向も自由に決めて2Dの画像にレンダリングすることができます。バイストン・ウェルの世界を上空から見下ろした感じで描いてみました。
IMG_36-09.jpg

そして萌奈と背景を合成したのが最初の写真です。

青空の背景も作ってみました。
萌奈「いっくよぉ~・・・って、また全裸いやぁ~んっ(>_<)。」
IMG_36-10.jpg

ファンタジーアートには、森の中に棲む妖精がとても綺麗な絵がたくさんあります。「Terragen」では花や木も作れるので、今度はそんな背景に合うポーズで写真を撮ってみようと思います。
萌奈「全裸じゃなくて、妖精らしい服を着たいですぅ~(^_^)。」

2018.06.30 | | コメント(10) | 妖精

バイストン・ウェルの妖精

萌奈「見えますか? バイストン・ウェル」
IMG_34-01.jpg

アニメ「聖戦士ダンバイン」のエンディングで、妖精(ミ・フェラリオ)が走るシーンです。35年も前の作品ですが、空を翔る妖精のイメージとして今でも私の心に残っています。萌奈をお迎えしてブログを始めた時から、このイメージを形にしたいと思っていました。いつもパンチラばかりでしたが、ようやく妖精らしい写真が撮れました。

以下メイキングです。

走る(空中に浮く)ポーズは、立たせて撮る事はできません。そこでボディーを吊り上げました。ベルドールEVOモデルの首ジョイントはネジが内側にあるので、L字金属を使ってヘッドを付けたまま吊ることができないため、ヘッドを外した状態で吊ったボディーと、ヘッドを別々に撮影してCGで合成することにしました。
IMG_34-02.jpg
(耐荷重25kgのハンガーラックを使用)

ポーズは寝かせて作ったのですが、脱臼している股関節は吊ったら外れてしまうので、左脚は支える必要があると思っていました。ところが、脚を上げてみるとその位置で固定できたのです。そして吊ってみたら、脚を上げると骨格が斜めになって真下には抜けなかったのです! 2月に怪我をした時には、もう上の写真の様にはできないと諦めていたのですが、このドールの骨格構造に感心しました・・・。
IMG_34-03.jpg

吊ってから脚と腕の形を微調整します。ハンガーラックの支柱が中心にあると、脚がぶつかってしまうので手前に傾けました(土台の下に単3電池が置いてある)。ボディーが揺れない様に発泡スチロールの支えも入れてあります。
IMG_34-04.jpg

ボディーを撮影した後は、ヘッドの撮影をします。転倒防止のために、ハンガーラックの支柱に手を固定して(手袋をして包帯で縛る)、クッションの支えも置きます。そして髪の毛のアクションは「春一番」の時と同じ様に、髪を両手で持って投げ上げてセルフタイマーで取りました。
IMG_34-05.jpg
(スニーカーとサポーターは自立を安定させるため)

妖精が走った時に髪がふわりと揺れる様な感じになるまで、何十枚も撮影してようやく気に入ったものが撮れました。
IMG_34-06.jpg
(シャッタースピード1/200秒、ISO感度3200で撮影。)

次はCGでの合成です。最初にボディーを切り抜きます。
IMG_34-07.jpg
(使用ソフトはCLIP STUDIO PAINT)

次にヘッドを切り抜きます。
IMG_34-08.jpg

その2つを合成します。
IMG_34-09.jpg

羽はコスプレ用で気に入ったものがなかったので、CGで描きました。
IMG_34-10.jpg

背景は昼間撮った青空を夕焼け空に加工します。
IMG_34-11.jpg

「聖戦士ダンバイン」のエンディングは、ANIMAXで再放送された時に録画しておいたものを見ました。ポーズや色はそれを真似しています。
IMG_34-12.jpg
(萌奈の声のイメージは、大好きなチャムです(^_^)。)

海や山は無いのですが、出来上がった背景に全てを合成します。
IMG_34-13.jpg

そして画像サイズを調整したのが最初の写真です。

最後に、バイストン・ウェルを覗く私に気づいた妖精が、こっちを向いたイメージもつくりました。この妖精がうちに来た萌奈という設定でドールライフを楽しんでいます・・・。
IMG_34-14.jpg
(髪の毛のアクションはまた何枚もトライ。)

これからはもっとファンタジーアートの様な妖精の写真が撮れる様になりたいと思っています。
あっ、パンチラも続けるので、ご心配なく(^_^)。

なお、ヘッドを付けたまま吊る方法は、ベルドール東京にも相談しています。やはりCGの合成ではリアルでポーズが見られないので、いつかやってみたいと思います。

萌奈「妖精は全裸・・・いやぁ~んっ(^_^)。」(チャムの声で)

2018.05.27 | | コメント(12) | 妖精

«  | ホーム |  »

プロフィール

レミアーナ

Author:レミアーナ
フィギュアやDollfie Dreamを経て、ラブドールの世界に迷い込みました。TPEドールの情報はネット上にまだ少ないので、この世界に憧れる人に貢献したいと思います。

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR